コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歓待/款待 カンタイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐たい〔クワン‐〕【歓待/款待】

[名](スル)手厚くもてなすこと。「―を受ける」「使節団を―する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の歓待/款待の言及

【もてなし】より

…というのも,同一物質を体内に摂取するという〈共飲共食〉の行為をとおして初めて,主人と客人の間に断ちがたい連帯のきずなが生まれると考えられるからである。イスラム化以前のアラブ社会など,一部の社会で行われたといわれる,家の女性を客人に添い寝させる〈性的歓待sexual hospitality〉の風習も,性行為を通じて客人の体液を摂取するというところに儀礼的意味があったのだろうと思われる。 このようなもてなしは,客が主人と同じ共同体の成員であるか否かによって,その意義をまったく異にする。…

※「歓待/款待」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

歓待/款待の関連キーワードホスピタリティ・マインドブライアリーロングホスピタリティーレッドカーペット心尽くし・心尽しアーディティヤ下にも置かないクロソフスキークロソウスキーカリュプソーパークス来航異郷人款待カリュプソ何時も乍らウエルカムアイオロス異郷人歓待宮崎荊口客人歓待鈴木清風

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android