コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノワズリー chinoiserie

翻訳|chinoiserie

大辞林 第三版の解説

シノワズリー【chinoiserie】

絵画・工芸品・服装などにおいて中国風の題材・表現を好む傾向。一七世紀後半から一九世紀前半にかけてヨーロッパで流行した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シノワズリー
しのわずりー
chinoiserieフランス語

ヨーロッパに運ばれた中国美術、とりわけヨーロッパ美術に表れたシナ(中国)風の題材を扱った作品の総称。3世紀シリアの絹製品、マルコ・ポーロの時期のイタリアなど例外的に早い例もあるが、一般的には17世紀後半から19世紀初頭にかけての建築や絵画、各種の工芸品などに頻出する。ル・ボーの設計になるベルサイユの「陶器のトリアノン」、ティエポロがバルマラナ荘の「フォレスティア」に描いた壁画装飾、イギリスのジョージ4世のためにブライトンにつくられた「ロイヤル・パビリオン」などがもっとも著名な例であり、アラベスク模様やグロテスク模様にシノワズリーを初めて持ち込んだのはワトーとされている。これは、ヨーロッパが経験した数多くの異国趣味の一つであるが、近世のヨーロッパ人はけっして中国ないしは中国美術を正しく理解しておらず、末梢(まっしょう)的な部分を主として装飾工芸に応用するという皮相的な段階から先に進まずに終わった。この点ジャポニスムの流行と区別して考える必要がある。[池上忠治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シノワズリーの関連キーワードジョージアン様式オリエンタリズムマイセン磁器ジャポニスム刺しゅう池上忠治ブーシェ傾向表現服装

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シノワズリーの関連情報