異国趣味(読み)イコクシュミ

デジタル大辞泉の解説

いこく‐しゅみ【異国趣味】

外国の風物にあこがれ、そこから感じられる趣を好むこと。
外国の人物・事象に取材して、芸術的効果を上げる手法。エキゾチシズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いこくしゅみ【異国趣味】

外国の変わった風物を好む趣味。
外国の情景や事物を取り入れて、芸術上の効果を高めようとする傾向。エキゾチシズム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いこく‐しゅみ【異国趣味】

〘名〙
① 物珍しい外国の風物、物事から感じとられるおもむき、味わい。また、それをあこがれ好むこと。エキゾチシズム。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉四「和蘭公使館、聖路加病院等を中心とせる異国趣味(イコクシュミ)が〈略〉全然別途の姿を見せてゐる」
② 芸術上、日常の世界から遠くはなれた外国の人物、事象に取材して、非通俗的、あるいは非現実的美などの表現の手段とすること。エキゾチシズム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の異国趣味の言及

【エキゾティシズム】より

…語源はギリシア語のエクソティコスexōtikos(〈異国の,外来の〉の意)で,異国趣味もしくは異国情緒と訳されている。本来は自国に見られない風土や風俗への漠然たる好奇心から始まったものと思われるが,芸術上の趣味,もしくは時代的風潮としては,それぞれ特定の地方への関心が強く情緒化されたものであり,場合によってはこれに,自国の環境から離脱したいとする現実逃避の気分が結びつく。…

※「異国趣味」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異国趣味の関連情報