コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シブタ Shivta

デジタル大辞泉の解説

シブタ(Shivta)

イスラエル南部、ネゲブ砂漠にある都市遺跡。ナバテア人により紀元前1世紀に建設。東ローマ帝国時代の5世紀から7世紀頃に農業によって栄えた。ナバテア王国時代の都市の遺構の上に築かれた教会や修道院がある。ネゲブの都市遺跡ハルザマムシトアブダットに加え、六つの城塞および隊商宿などが、2005年に「ネゲブ砂漠の香の道と都市群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シブタの関連キーワードビール(アルコール飲料)シンボリック相互作用論アクティブRFIDタグパッシブ型RFIDタグ渋谷 天外(2代目)ボディースキャナーセミアクティブタグパッシブ型ICタグアルドール縮合アクティブタグパッシブタグ準拠集団ウサギ流言

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android