コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シブタ Shivta

デジタル大辞泉の解説

シブタ(Shivta)

イスラエル南部、ネゲブ砂漠にある都市遺跡。ナバテア人により紀元前1世紀に建設。東ローマ帝国時代の5世紀から7世紀頃に農業によって栄えた。ナバテア王国時代の都市の遺構の上に築かれた教会や修道院がある。ネゲブの都市遺跡ハルザマムシトアブダットに加え、六つの城塞および隊商宿などが、2005年に「ネゲブ砂漠の香の道と都市群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シブタの関連キーワードビール(アルコール飲料)シンボリック相互作用論パッシブ型RFIDタグアクティブRFIDタグ渋谷 天外(2代目)ボディースキャナーパッシブ型ICタグセミアクティブタグアルドール縮合アクティブタグパッシブタグ準拠集団ウサギ流言

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android