シプリアン カツァリス(英語表記)Cyprien Katsaris

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
ピアニスト

国籍
フランス

生年月日
1951年5月5日

出生地
マルセーユ

学歴
パリ音楽院卒

受賞
アルベール・ルーセル財団賞〔1970年〕,アレックス・デ・フリース基金賞〔1972年〕,チャイコフスキー国際コンクール名誉賞〔1970年〕,ジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクール第1位〔1974年〕

経歴
ギリシャ系フランス人。4歳でピアノを始め、パリ音楽院ではピアノと室内楽の2部門を首席で卒業。1966年パリで初コンサートを開く。’70年アルベール・ルーセル財団賞受賞、また同年のチャイコフスキー国際コンクールで名誉賞を受けた。’72年のエリザベート王妃国際音楽コンクールでは審査員長エミール・ギレリスの強い反対で優勝を逸し(ソ連のアファナシェフが優勝,本人は第9位)、コンクール史上の一つのスキャンダルとなったが、’74年のジョルジュ・シフラ国際コンクールで優勝して注目を集める。ソロ・リサイタルのほか、フィラデルフィア管、コンセルトヘボウ管など世界的オーケストラとも共演、多くの録音も行う。’80年代にベートーヴェンの交響曲全曲のリスト編曲ピアノ版を録音・演奏。超絶技巧ピアニストとして活動するほか、独自の視点での編曲を施し、自主レーベル“PIANO21”を設立。日本では’93年NHK教育テレビ「ショパンを弾く」シリーズの教師役を務めた。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android