シプリアン カツァリス(英語表記)Cyprien Katsaris

現代外国人名録2012の解説

シプリアン カツァリス
Cyprien Katsaris


国籍
フランス

専門
ピアニスト

生年月日
1951/5/5

出生地
フランス マルセーユ

学歴
パリ音楽院卒

経歴
ギリシャ系フランス人。4歳でピアノを始め、パリ音楽院ではピアノと室内楽の2部門を首席で卒業。1966年パリで初コンサートを開く。’70年アルベール・ルーセル財団賞受賞、また同年のチャイコフスキー国際コンクールで名誉賞を受けた。’72年のエリザベート王妃国際音楽コンクールでは審査員長エミール・ギレリスの強い反対で優勝を逸し(ソ連のアファナシェフが優勝,本人は第9位)、コンクール史上の一つのスキャンダルとなったが、’74年のジョルジュ・シフラ国際コンクールで優勝して注目を集める。ソロ・リサイタルのほか、フィラデルフィア管、コンセルトヘボウ管など世界的オーケストラとも共演、多くの録音も行う。’80年代にベートーヴェンの交響曲全曲のリスト編曲ピアノ版を録音・演奏。超絶技巧ピアニストとして活動するほか、独自の視点での編曲を施し、自主レーベル“PIANO21”を設立。日本では’93年NHK教育テレビ「ショパンを弾く」シリーズの先生役を務めた。

受賞
アルベール・ルーセル財団賞〔1970年〕;アレックス・デ・フリース基金賞〔1972年〕 チャイコフスキー国際コンクール名誉賞〔1970年〕;ジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクール第1位〔1974年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android