コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムハの粘度式 Simha's viscosity equations

法則の辞典の解説

シムハの粘度式【Simha's viscosity equations】

コロイド溶液の粘度と粒子の軸比とを関係づけた式をいう.アインシュタインの粘度式*(ηsp=2.5φ,ηsp は比粘度,φ は溶質(分散質)の容積分率である)は無限希釈における理論式であるが,濃厚溶液にまで適応可能な式としてシムハの導いたいくつかの式がある.

分散粒子が球状の場合

となるが,k は分散粒子間の相互作用に関する係数で,希薄溶液ならば1,濃厚溶液ならば2となる.

分散粒子が円盤状の場合であれば

粒子が棒状の場合であれば

上の二つの式に含まれる f は軸比(f>1)である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

シムハの粘度式の関連キーワードアインシュタインコロイド溶液

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android