コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シムハの粘度式 Simha's viscosity equations

1件 の用語解説(シムハの粘度式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シムハの粘度式【Simha's viscosity equations】

コロイド溶液の粘度と粒子の軸比とを関係づけた式をいう.アインシュタインの粘度式*(ηsp=2.5φ,ηsp は比粘度,φ は溶質(分散質)の容積分率である)は無限希釈における理論式であるが,濃厚溶液にまで適応可能な式としてシムハの導いたいくつかの式がある.

分散粒子が球状の場合

となるが,k は分散粒子間の相互作用に関する係数で,希薄溶液ならば1,濃厚溶液ならば2となる.

分散粒子が円盤状の場合であれば

粒子が棒状の場合であれば

上の二つの式に含まれる f は軸比(f>1)である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シムハの粘度式の関連キーワード親水コロイド疎水コロイドコロイド溶液還元粘度懸濁コロイド親水性コロイド相対粘度比粘度ペプチゼーションアレニウスの粘性公式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone