シモフリゴケ(英語表記)Rhacomitirum lanuginosum (Hedw.) Brid.

世界大百科事典 第2版の解説

シモフリゴケ【Rhacomitirum lanuginosum (Hedw.) Brid.】

ギボウシゴケ科の蘚類。世界に広く分布し,日本では高山帯に多い。明るい場所の岩上や土上に大きな群落をつくる。植物体は大きく強壮で濃緑色~黒褐色,葉の先端白色,透明で長く突出する透明尖(とうめいせん)が目だつため,霜降り状を呈する。は長く10cmを越えることが多く,多数のを出す。葉は披針形で中央脈は先端に達する。同属のスナゴケR.canescens (Hedw.) Brid.は北半球に広く分布し,日本では前種よりも低地に生じ,砂礫(されき)質の土上または岩上に群生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android