コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモフリゴケ Rhacomitirum lanuginosum (Hedw.) Brid.

1件 の用語解説(シモフリゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シモフリゴケ【Rhacomitirum lanuginosum (Hedw.) Brid.】

ギボウシゴケ科の蘚類。世界に広く分布し,日本では高山帯に多い。明るい場所の岩上や土上に大きな群落をつくる。植物体は大きく強壮で濃緑色~黒褐色,葉の先端の白色,透明で長く突出する透明尖(とうめいせん)が目だつため,霜降り状を呈する。茎は長く10cmを越えることが多く,多数の枝を出す。葉は披針形で中央脈は先端に達する。同属のスナゴケR.canescens (Hedw.) Brid.は北半球に広く分布し,日本では前種よりも低地に生じ,砂礫(されき)質の土上または岩上に群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シモフリゴケの関連キーワード擬宝珠ミリセチン帯水母杉苔蘚類山鳥茸大杉蘚銀蘚正リン酸ナラタケ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone