コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャギニャーン Marietta Sergeevna Shaginyan

1件 の用語解説(シャギニャーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャギニャーン【Marietta Sergeevna Shaginyan】

1888‐1982
ソ連邦女流作家モスクワアルメニア人医師の家庭に生まれ,早くから詩を書きはじめた。象徴派の影響下に,処女詩集《最初の出会い》(1909)を刊行して文壇にデビューロシア革命後は詩作を捨て,同伴者文学の作家として散文に専念した。ジム・ドラーDzhim Dollarというペン・ネームで,《金属労働者ローリーレーン》(1925),《ミス・メンド,あるいはペトログラードヤンキー》(1926)などの探偵小説を書いたが,やがてアルメニア社会主義建設を主題とした《中央水力発電所》(1930‐31)を発表して,ソビエト作家として公認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シャギニャーンの関連キーワードウィルヘルム林家正蔵鳥羽一郎日野美歌THE虎舞竜鉱業政策敦煌石窟早稲田大学ウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone