コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャジクモ(車軸藻) シャジクモChara; stone wort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャジクモ(車軸藻)
シャジクモ
Chara; stone wort

淡水産の藻類。広義の緑藻類に入れられる場合もあるが,一般の緑藻類とは著しく異なる点があるので,特に輪藻類を設けて,狭義の緑藻類と分ける場合が多い。長円筒形の細胞が並んで茎状になり,ところどころの節から分枝を輪生する。下根は仮根状になって水底の泥中に入っている。全長数 cmの小型のものもあるが,水中深いところに産するものなどでは 1m以上になるものもある。一般の緑藻類にみられるような遊走子による無性生殖はまったく行われず,輪生枝が変形して生じた生卵器と造精器によって有性生殖が行われる。造精器中の毛状枝は無数の細胞に分れて,それから精虫が泳ぎ出し,生卵器内にある卵細胞に達して受精する。シャジクモ属には少くとも 80種が知られている。なお,シャジクモ属と同じような体制と生殖器官をもつフラスコモNitellaほか数属のものもこの輪藻類に入れられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャジクモ【シャジクモ(車軸藻)】

雌性生殖器官の頂端に5個の小冠細胞をもつシャジクモ亜科の代表的な種の名であるが,またシャジクモ属Charaの総称名(英名stonewort)にも使われる。シャジクモ属は雌雄同株で,上下に並んでできる2個の雌雄生殖器官のうち,上位の器官が雌性であることで他の属と区別される。日本のこの属には8種1亜種5変種が知られ,その代表的な種にシャジクモC.braunii Gmelin(イラスト)のほかに,カタシャジクモC.globularis Thuillier,ハダシシャジクモC.zeylanica Wild.,オオシャジクモC.corallina Wild.などがあり,池,溝,湖沼または水田などに生育する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャジクモ(車軸藻)の言及

【原形質流動】より

…植物のシャジクモの節間細胞やフラスモの仮根細胞の中では,原形質が細胞の中心部を大きく占める液胞の回りを薄い層をなして常に流動している。このような現象を原形質流動とよんでいるが,狭義には細胞の外形が変わらない場合に限ってこの語を用いる。…

【沈水植物】より

…水は光をよく吸収するので,水中では深くなると光が届かなくなる。沈水植物の中で最も耐陰性があり深くまで分布するのはシャジクモ・フラスコモ(車軸藻)類であるが,それでも湖沼の夏季の透明度(直径25cmの白色円板が水中で見えなくなる深度)の2倍程度(相対照度で約1%)が分布下限になる。湖沼で水草が岸から沖へ帯状に分布する時,沈水植物帯は抽水植物帯や浮葉植物帯よりも沖にできる。…

※「シャジクモ(車軸藻)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android