コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャジュブル chasuble[フランス]

1件 の用語解説(シャジュブルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャジュブル【chasuble[フランス]】

カトリックの司祭がミサのときに司祭服やストールの上に着る上祭服。真ん中に頭を通す穴をあけた円形の貫頭衣式の外衣で,1~2世紀ごろローマの庶民が着た〈ペヌラ〉というマントから派生したが,フードはつけない。6世紀ごろ市民服としてはすたれ,典礼服としてのみ存続。14世紀以後着やすくするため形の上での変化があったが,19世紀後半ローマ時代の古い形に復帰し,現在も使われている。祭服【井上 泰男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャジュブルの関連キーワード司祭祭服侍者聖水御祭服司牧聴罪病者の塗油ミサソレムニス神父(祭司)/牧師

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone