シャットゴンブズモスジッド(英語表記)Saith Gunbad Masjid

デジタル大辞泉の解説

シャットゴンブズ‐モスジッド(Saith Gunbad Masjid)

バングラデシュ南部の町バゲルハット近郊にあるイスラム寺院。名称は「60のドームのモスク」を意味する。15世紀半ば、トルコ系の武将カーン=ジャハーン=アリにより建立。長辺約48メートル、短辺約32メートルの長方形の壁に囲まれ、四隅と四辺にドーム型の屋根が並ぶ。同国最大級のモスクとして知られる。周辺のイスラム建築物と合わせ、1985年、「バゲルハットのモスク都市」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。サイトグンバドモスク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android