コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトルカー shuttle car

世界大百科事典 第2版の解説

シャトルカー【shuttle car】

鉱石,ずりなどの運搬用車両の一種。鉱石を一端から積みこみ,他端から降ろすために,容器の底はフライトコンベヤになっている。クローラー式もあるが,多くは4輪のゴムタイヤを電動機で駆動して走行する。電力はケーブルによって供給されるのが普通である。容量は2~5t程度。アメリカの残柱式採炭法を用いている炭鉱で,コンティニュアスマイナー(採炭機)などで採炭した石炭を搬出するために開発された。【西松 裕一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャトルカーの関連キーワード坑内運搬採炭機械採鉱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android