コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトルコック シャトルコックshuttlecock

翻訳|shuttlecock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャトルコック
shuttlecock

バドミントンで使う羽根球。単に「シャトル」ともいう。直径 25~28mmの半球状コルク台に 16枚の羽根を植え込んだもので,コルク台からの羽根の長さは 64~70mm,羽根先端部の直径は 58~68mm。全体の重さは約 5g。羽根はガチョウのものが原則だが,1980年代に入り競技の国際的普及が進むと,ガチョウのものだけでは需要をまかないきれなくなり (主産地は中国) ,プラスチックナイロンなどの合成素材を使った製品も公認された。呼称の起源は不明だが,織機の杼 (ひ) が忙しく往復する状態から連想されたともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シャトルコック(shuttlecock)

バドミントンで用いる羽根。半球型のコルクに鳥の羽をつけたもの。シャトル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シャトルコック【shuttlecock】

バドミントン競技で打ち合う羽根球。半球状のコルクに皮をかぶせた頭部に一四~一六枚の羽根がついている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のシャトルコックの言及

【バドミントン】より

…ラケットを使って,シャトルコック(シャトルともいう)と呼ばれる羽根をネットで二分したコートで打ち合うスポーツ。シングルスまたはダブルスでプレーする。…

※「シャトルコック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャトルコックの関連情報