コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャドーIT シャドーアイティー

2件 の用語解説(シャドーITの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シャドー‐アイティー【シャドーIT】

shadow IT》私物のパソコン、スマートホンタブレット型端末などを、会社の許可を得ずに業務に利用すること。許可されて業務利用するBYODと同様、紛失や盗難、情報漏洩(ろうえい)の危険性が指摘されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人事労務用語辞典の解説

シャドーIT

シャドーIT」とは、企業の従業員が、会社の管理下にないIT機器を業務活動に利用する行為や状態を指します。私有端末などの業務活用を表す用語としてはBYOD(Bring Your Own Device)がありますが、BYODが企業の許可および主体的な管理を前提としているのに対し、シャドーITは企業側の許可なしに、あるいは利用に関するルールが設けられていない状況でのIT利用を意味することから、情報漏えいなどにつながる新たな経営リスクとして問題視されています。
(2013/7/29掲載)

出典|『日本の人事部』
人事労務用語辞典について | 情報

シャドーITの関連キーワード大島葉子影の内閣シャドープレー影と行為夜の影真山章志中本雅俊國本鍾建吉田輝幸GUANCHAI

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャドーITの関連情報