私物(読み)わたくしもの

精選版 日本国語大辞典「私物」の解説

わたくし‐もの【私物】

〘名〙
私有の物。自分の物。個人の所有物。しぶつ。⇔公物(おおやけもの)
※書紀(720)清寧二年一一月(図書寮本訓)「奉養(ひたしまつ)ること甚だ謹みて(わたくしモノ)を以て供給(たてまつ)る」
② 表向きにせず内々で大切にしまっておく物。秘蔵の物。
※落窪(10C後)一「さて心に任せでおはすらんよりは、わたくし物にて、我が所に住ませ奉らん」
③ 世間に公表する正式な妻に対して、内々にしている隠し妻。
※狭衣物語(1069‐77頃か)二「侮らはしきわたくし物にて、常に見扱ひて、心を慰めましものを」
④ 男根。陰茎。
※玉塵抄(1563)二二「はだかでわたくしものなどだいてあるかれば」

し‐ぶつ【私物】

〘名〙 個人が所有している物品や財産。私有の物件。私財物。しもつ。
※律(718)逸文・雑闌遺物条「得闌遺物満五日不官者、各以亡失罪論。私物坐臓論、減二等
※立憲政体略(1868)〈加藤弘之〉国民公私二権「天下を以て君主貴顕の私物となすことなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「私物」の解説

わたくし‐もの【私物】

自分の持ち物。個人の所有物。私有物。しぶつ。
世間に公表しないで大切にとっておく物。秘蔵の物。
「この君をば、―に思ほしかしづき給ふこと限りなし」〈・桐壺〉

し‐ぶつ【私物】

公のものでなく、個人の所有する物品・財貨。「私物入れ」「私物化」→公物
[類語]持ち物懐中物・所持品・所有物わが物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android