コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラント県 シャラントCharente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャラント〔県〕
シャラント
Charente

フランス西部,ポアトゥシャラント地域 (レジオン) の県。アキテーヌ盆地の北縁にある。県都アングレーム。北東部のマシフサントラル (中央山地) 西縁からシャラント川上流域のアングレームを中心とする地方にかけては酪農が行われ,北部では穀類が栽培される。県西から県南部のシャラント川下流周辺のアキテーヌ盆地はブドウの栽培地。コニャックを中心に,世界的に知られるコニャック・ブランデーを産する。工業はアングレームを中心に大砲鋳造,電気機械,製紙などがある。面積 5956km2。人口 34万 1993 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャラント県の関連キーワードF.M.M. ミッテランコニャック(ブランデー)コニャック(フランス)ジャック シャルドンヌフォンテシュバード人ポワトゥーシャラントピノーデシャラントモーリス オーリウプレ・サピエンスA. エスマンシャルドンヌサントンジュアングモアラキナ遺跡ポアトゥーミッテランオーリウエスマンルー

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android