コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャリーフ・アッラジー シャリーフ・アッラジーal-Sharīf al-Razī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャリーフ・アッラジー
al-Sharīf al-Razī

[生]969. バグダード
[没]1015
預言者の血統をひき,文学者にして伝承学者。本名はアブル・ハサン・ムハンマド・イブヌル・フサイン・アルムーサウィー Abū al-Ḥasan Muḥammad ibn al-Ḥusayn al-Mūsawī。第4代カリフ,アリーの語録『雄弁の道』 Nahj al-balāghahを編纂した。イスラム教シーア派では,アリーを初代イマームとみなしているので,この語録はコーランに次ぐ神聖な書物として,信徒の尊崇を集めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャリーフ・アッラジーの関連キーワードニケフォロス[2世]ニケフォルス2世冷泉天皇ユークリッドの互除法Vladimirウラジーミル[大公]ウラジーミルウラジーミル1世(聖公)SI接頭語資子内親王

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android