コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーアラムモスク シャーアラムモスク Shah Alam Mosque

1件 の用語解説(シャーアラムモスクの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シャーアラムモスク【シャーアラムモスク】
Shah Alam Mosque

マレーシアの首都クアラルンプール南西近郊のシャーアラムスランゴール州の州都)にある、同国最大、世界でも屈指の大きさの美しいイスラム寺院モスク)。シャーアラムの町は、クアラルンプールがスランゴール州から連邦の首都に割譲(かつじょう)された際、政府から支払われた財源で開発された都市(市発足は1963年)で、このモスクも都市建設の一環として建てられた。夜間にはライトアップされ、幻想的な姿を見せる。◇白とブルーを格子模様にしたドームを持つことから「ブルーモスク」とも呼ばれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーアラムモスクの関連キーワードクアラルンプールクランマレーシアエアアジアANRPC馬来西亜名古屋・クアラルンプール補足議定書クアラ・ルンプルKUL

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone