コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シヤオシンアンリン(小興安嶺)山脈 シヤオシンアンリンさんみゃくXiaoxing'anling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シヤオシンアンリン(小興安嶺)山脈
シヤオシンアンリンさんみゃく
Xiaoxing'anling

中国北東部,ヘイロンチヤン (黒竜江) 省の北部にある山脈。北西から南東方向で,西はターシンアンリン (大興安嶺) 山脈に接し,南東はソンホワ (松花) 江を経てチャンパイ (長白) 山地に続く。長さ 400km。標高 600~1000m。北麓をヘイロン (黒竜) 江 (アムール川) が流れ,南側はソンホワ江の流域である。かつては火山活動が活発で,南麓には 1720年の大噴火の跡をとどめるウーターリエン (五大連) 池がある。森林資源が豊かで,チョウセンゴヨウマツ,グイマツ,チョウセンハリモミなどにおおわれる。大規模な林業開発が進み,中国有数の木材供給地となっている。鹿茸,熊胆,獣皮などが採集される。北麓に金鉱が点在するほか,南麓部で石油,鉄鉱,石炭などの開発が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シヤオシンアンリン(小興安嶺)山脈の関連キーワードウーターリエン(五大連)池ヘイロンチヤン(黒竜江)省チャムス(佳木斯)特別市イーチュン(伊春)特別市ホーカン(鶴崗)特別市ネンチヤン(嫩江)県トンペイ(東北)平原ヘイホー(黒河)地区ソンホワ(松花)江ペイアン(北安)市ネン(嫩)江

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android