シヤオシンアンリン(小興安嶺)山脈(読み)シヤオシンアンリンさんみゃく(英語表記)Xiaoxing'anling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シヤオシンアンリン(小興安嶺)山脈
シヤオシンアンリンさんみゃく
Xiaoxing'anling

中国北東部,ヘイロンチヤン (黒竜江) 省の北部にある山脈。北西から南東方向で,西はターシンアンリン (大興安嶺) 山脈に接し,南東はソンホワ (松花) 江を経てチャンパイ (長白) 山地に続く。長さ 400km。標高 600~1000m。北麓をヘイロン (黒竜) 江 (アムール川) が流れ,南側はソンホワ江の流域である。かつては火山活動が活発で,南麓には 1720年の大噴火の跡をとどめるウーターリエン (五大連) 池がある。森林資源が豊かで,チョウセンゴヨウマツ,グイマツ,チョウセンハリモミなどにおおわれる。大規模な林業開発が進み,中国有数の木材供給地となっている。鹿茸,熊胆,獣皮などが採集される。北麓に金鉱が点在するほか,南麓部で石油,鉄鉱,石炭などの開発が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android