コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊胆 ユウタン

百科事典マイペディアの解説

熊胆【ゆうたん】

熊の胆(くまのい)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうたん【熊胆】

くまの胆 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊胆
ゆうたん

中国の唐代にその使用が始まったと思われる漢薬で、クマ類の胆汁を乾燥したもの。市場には胆嚢(たんのう)に入ったままの状態で出まわり、日本産はそのまま板に挟んで乾燥させるので、円板状である。原動物はクマ科のツキノワグマSelenarctos thibetanus G. CuvierおよびヒグマUrsus arctos L.もしくはその変種で、日本産のものはニホンツキノワグマS. t. japonicus Schlegelが主である。熊胆は採集する時期によって色が異なり、色調によって黒様(くろで)、琥珀様(こはくで)、青様(あおで)などと称される。わが国では一般に淡黄色の琥珀様が賞用される。熊胆は他の多くの動物胆汁とは異なり、乾燥すると固形となり、吸湿性がないため、調剤用としては適している。熊胆に特有の成分はタウロ・ウルソデオキシコール酸であるが、現在のところ薬効との関連は不明である。他にコール酸やヒオデオキシコール酸などを含有する。
 熊胆は俗に「熊(くま)の胆(い)」と称され、配置家庭薬として著名であるが、材料不足で非常に高価なため、現在では豚胆(とんたん)を代用としていることが多い。熊胆は苦味健胃のほか、鎮痛、鎮けい、利胆、消炎、解熱などの効能があり、胃腸病、黄疸(おうだん)、小児の疳(かん)、腸内寄生虫症などに応用される。[難波恒雄・御影雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

熊胆 (クマノイ)

植物。薬用人参の古名

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の熊胆の言及

【熊の胆】より

…少しいびつな細長い氷囊型をしており,味はきわめて苦い。漢方では熊胆(ゆうたん)と呼び,小児の薬として珍重され,急性熱病で高熱が続き,痰があってけいれんするものに単独で用い,速効がある。また他の生薬を配合して慢性消化不良に用いられ,健胃,駆虫作用がある。…

※「熊胆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熊胆の関連キーワードシヤオシンアンリン(小興安嶺)山脈フルンボイル(呼倫貝爾)盟ヘイホー(黒河)地区配置家庭薬鈴木一保ユウタン北岡太本後藤艮山六神丸奇応丸植物生薬料簡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊胆の関連情報