熊胆(読み)ユウタン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊胆
ゆうたん

中国の唐代にその使用が始まったと思われる漢薬で、クマ類の汁を乾燥したもの。市場には胆嚢(たんのう)に入ったままの状態で出まわり、日本産はそのまま板に挟んで乾燥させるので、円板状である。原動物はクマ科のツキノワグマSelenarctos thibetanus G. CuvierおよびヒグマUrsus arctos L.もしくはその変種で、日本産のものはニホンツキノワグマS. t. japonicus Schlegelが主である。熊胆は採集する時期によって色が異なり、色調によって黒様(くろで)、琥珀様(こはくで)、青様(あおで)などと称される。わが国では一般に淡黄色の琥珀様が賞用される。熊胆は他の多くの動物胆汁とは異なり、乾燥すると固形となり、吸湿性がないため、調剤用としては適している。熊胆に特有の成分はタウロ・ウルソデオキシコール酸であるが、現在のところ薬効との関連は不明である。他にコール酸やヒオデオキシコール酸などを含有する。
 熊胆は俗に「熊(くま)の胆(い)」と称され、配置家庭薬として著名であるが、材料不足で非常に高価なため、現在では豚胆(とんたん)を代用としていることが多い。熊胆は苦味健胃のほか、鎮痛、鎮けい、利胆、消炎、解熱などの効能があり、胃腸病、黄疸(おうだん)、小児の疳(かん)、腸内寄生虫症などに応用される。[難波恒雄・御影雅幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くま‐の‐い【熊胆】

〘名〙
① 胆汁(たんじゅう)を含んだまま、熊の胆嚢(たんのう)を干したもの。ひじょうに苦く、主に胃腸薬として用いられる。ゆうたん。〔本草色葉抄(1284)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「熊胆(クマノヰ)はとり易からず。故にその価最(いと)貴し」
※新撰字鏡(898‐901頃)「人参 熊伊」
③ (形と色が①とよく似ているところから) 茄子(なす)の塩づけをいう、囚人仲間の隠語。〔日本隠語集(1892)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉二「レンコンはハチノスで、ナスはクロドリ、塩ナスはクマノイ」

ゆう‐たん【熊胆】

〘名〙 熊(くま)のきも。熊の胆嚢(たんのう)を干して作った漢方薬。くまのい。〔博物図教授法(1876‐77)〕 〔本草綱目‐獣部・熊・胆〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の熊胆の言及

【熊の胆】より

…少しいびつな細長い氷囊型をしており,味はきわめて苦い。漢方では熊胆(ゆうたん)と呼び,小児の薬として珍重され,急性熱病で高熱が続き,痰があってけいれんするものに単独で用い,速効がある。また他の生薬を配合して慢性消化不良に用いられ,健胃,駆虫作用がある。…

※「熊胆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android