鹿茸(読み)ロクジョウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿茸
ろくじょう

『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』の中品(ちゅうほん)に収載されている漢薬。シカ科のマンシュウアカジカCervus elaphus L. var. xanthopygus Milne-EdwardsおよびマンシュウジカC. nippon Temminck var. mantchuricus Swinhoeなどの雄のまだ角化していない、もしくはわずかに角化した幼角(袋角(ふくろづの))を乾燥したもので、古来から強壮、強精、鎮痛薬として多くの病気に応用されてきた。含有する成分としてはコラーゲン、リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、タンパク質などがあげられる。なお、卵胞ホルモン(エストロン)を含むという報告も出されている。

[難波恒雄・御影雅幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しか‐たけ【鹿茸】

〘名〙 きのこ「こうたけ(革茸)」の異名。〔大和本草(1709)〕

しし‐たけ【鹿茸】

〘名〙 きのこ「こうたけ(革茸)」の異名。《季・秋》
※料理物語(1643)六「かうたけ に物。茶ぐし。鹿たけともいふ」

ろく‐じょう【鹿茸】

〘名〙
① 鹿の袋角(ふくろづの)。初夏、角の落ちたあと、新しく生えて瘤のようになったもの。補精強壮剤として珍重される。《季・夏》
※徒然草(1331頃)一四九「鹿茸を鼻にあてて嗅ぐべからず。小さき虫ありて、鼻より入りて脳を食むといへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鹿茸の言及

【シカ(鹿)】より

…江戸後期の儒学者羽倉簡堂の《饌書》によれば,鹿は冬が美味で,胸肉がもっともよく後肢がこれにつぐとされ,料理としてはすき焼風のなべ料理が歓迎されるようになっていた。なお,鹿の角,とくに袋角は鹿茸(ろくじよう)といって薬用とされた。鹿茸は粉末にして眼科に用いるとされるが,補精強壮剤にもされたようである。…

※「鹿茸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報