シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉(英語表記)Shwethar Lyaung Pagoda 〈Bago〉

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉【シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉】
Shwethar Lyaung Pagoda 〈Bago〉

ミャンマー南部のバゴー(Bago)にある寺院。バゴーは、9世紀半ばにモン族が建てたバゴー王朝の首都が置かれ、16世紀前半から17世紀前半まで、再びタウングー朝の都となった町で、ヤンゴンから80km、車で2時間半ほどのところにある。この寺院は、994年にモン族の王ミガディパ王によって建立されたといわれ、映画にもなった竹山道雄の『ビルマの竪琴』にも登場する巨大な寝釈迦仏がある。この寝釈迦仏は全長55m、高さ16mと巨大である。この寺院はジャングルに埋もれてしまっていたが、イギリス人がヤンゴンからペグーまで鉄道を敷設した際、レンガを焼く土を探しているときに発見された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android