コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉 シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉 Shwethar Lyaung Pagoda 〈Bago〉

1件 の用語解説(シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉【シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉】
Shwethar Lyaung Pagoda 〈Bago〉

ミャンマー南部のバゴー(Bago)にある寺院。バゴーは、9世紀半ばにモン族が建てたバゴー王朝の首都が置かれ、16世紀前半から17世紀前半まで、再びタウングー朝の都となった町で、ヤンゴンから80km、車で2時間半ほどのところにある。この寺院は、994年にモン族の王ミガディパ王によって建立されたといわれ、映画にもなった竹山道雄の『ビルマの竪琴』にも登場する巨大な寝釈迦仏がある。この寝釈迦仏は全長55m、高さ16mと巨大である。この寺院はジャングルに埋もれてしまっていたが、イギリス人がヤンゴンからペグーまで鉄道を敷設した際、レンガを焼く土を探しているときに発見された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュエッターリャウンパゴダ〈バゴー〉の関連キーワードカレン族ピンマナミャンマーシャンミャンマーとビルマミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族シッタウン[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone