コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュクシーン Vasilii Makarovich Shukshin

世界大百科事典 第2版の解説

シュクシーン【Vasilii Makarovich Shukshin】

1929‐74
ソ連邦小説家映画監督俳優シベリアアルタイ地方の農家の出身。1932年,幼くして父を失い,第2次大戦後の混乱期の46‐48年には口減らしのため家を出て,地方都市を転々とする放浪生活を送った。4年間海軍に勤務したが,健康をそこねて52年退役し,故郷の代用教員から54年映画大学に入学した。俳優として頭角を現し,60年代半ばには短編作家,映画監督としても独自の世界を築いたが,国民的人気を決定的にした自作自演の映画《赤いカリーナ》(1973)を完成後,撮影先で急死した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シュクシーンの関連キーワード7月25日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android