シュコーデル湖(読み)しゅこーでるこ(英語表記)Ligen i Shkodrs

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュコーデル湖
しゅこーでるこ
Ligen i Shkodrs

アルバニアとモンテネグロの国境にある湖。アルバニア語による名称で、セルビア語/クロアチア語ではスカダルスコ湖Skadarsko Jezeroという。スクタリScutari湖ともいうが、これは英語、イタリア語、ドイツ語(Skutari)などによる名称。バルカン半島最大の湖で、カルスト湖。面積は季節により異なるが約360平方キロメートル。平均深度4.8メートル。かつてアドリア海の入り江であったが、砂州により分離された。南岸にアルバニア第二の町シュコーデルがある。[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android