コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュシェンスコエ Shushenskoe

1件 の用語解説(シュシェンスコエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュシェンスコエ【Shushenskoe】

ロシア連邦シベリア中部,クラスノヤルスク地方,鉄道駅ミヌシンスクの南東60km,エニセイ川に臨む村。ロシア帝政時代はデカブリストナロードニキなど,政治犯の流刑地だった。レーニンは1897年5月から1900年1月までこの村に流刑され,《ロシアにおける資本主義の発展》など,30以上の著作を残した。そのときの住居がレーニン博物館となっている。現在エニセイ流域総合開発計画の中心地として脚光を浴びている。【山本 敏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュシェンスコエの関連キーワードクラスノヤルスクトボリスクノボシビルスクКрасноярскТобольскАчинскИгаркаКрасный Ярクラスノヤルスク橋Дивногорск

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone