コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュシェンスコエ Shushenskoe

世界大百科事典 第2版の解説

シュシェンスコエ【Shushenskoe】

ロシア連邦シベリア中部,クラスノヤルスク地方,鉄道駅ミヌシンスクの南東60km,エニセイ川に臨む村。ロシア帝政時代はデカブリスト,ナロードニキなど,政治犯の流刑地だった。レーニンは1897年5月から1900年1月までこの村に流刑され,《ロシアにおける資本主義の発展》など,30以上の著作を残した。そのときの住居がレーニン博物館となっている。現在エニセイ流域総合開発計画の中心地として脚光を浴びている。【山本 敏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シュシェンスコエの関連キーワードステパン シチパチョフクループスカヤシチパチョフ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android