コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタインハイム人 シュタインハイムじんSteinheim man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタインハイム人
シュタインハイムじん
Steinheim man

ドイツ,シュツットガルトの北方の町,シュタインハイム近くのムル川の礫層から,1933年に K.シグリストが発見した頭骨化石。下顎を除いてほとんど完全な頭骨は,厚くてがんじょうで,眼窩上隆起が強く発達し,頭蓋はやや低くしかも狭く長い。脳容量は約 1100cm3でありネアンデルタール人類としては小さい。時代は,マンモスなどの動物化石や堆積状態から,更新世中期の第2間氷期であると推定される。いわゆる進歩的なネアンデルタール人類に属し,ラシャペルオーサンなどの典型的ネアンデルタール人類とは異なる点が多い。またプレサピエンスであるという学者もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシュタインハイム人の言及

【旧人】より

…この人類に属する化石は古典的ネアンデルタール人に比して例が少なく,代表例としては次のものがある。 シュタインハイム人――ドイツ,シュトゥットガルトの北方20km,シュタインハイム砂取場から発掘,ミンデル/リス間氷期に由来する。クラピナ人――クロアチアのザグレブ市の北東方50km,クラピナ岩陰で発見,リス/ウルム間氷期に由来。…

※「シュタインハイム人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シュタインハイム人の関連キーワードフォンテシュバード人

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android