コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼窩上隆起(読み)がんかじょうりゅうき(英語表記)supraorbital torus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼窩上隆起
がんかじょうりゅうき
supraorbital torus

ヒトやサルの前頭骨下端が眼窩直上で前方に突出し,その付近が高まりとなっているもの。オーストラリア先住民を除いては発達程度は弱い。ネアンデルタール人などの旧人類,原人類アウストラロピテクス類ではこれが強く発達しており,隆起が眼窩の上だけでなく前頭骨下端全体に広がってひさしのように突き出している。ゴリラなどの類人猿でもよく発達しているため,この隆起はサル的な原始的特徴の名残りであるといわれる。成因は,顔面骨を伝わってくる強力な咬合圧を前頭骨下端で受けるための適応であると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

眼窩上隆起【がんかじょうりゅうき】

眉上(びじょう)隆起,眉上弓(きゅう)とも。眼窩の上方にある前頭骨の一部が形成する水平方向の隆起。原始人類や類人猿ではこれがよく発達するのが特徴。強力な咀嚼(そしゃく)器官の圧力を吸収するために発達したと考えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android