コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼窩上隆起 がんかじょうりゅうきsupraorbital torus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

眼窩上隆起
がんかじょうりゅうき
supraorbital torus

ヒトやサルの前頭骨下端が眼窩直上で前方に突出し,その付近が高まりとなっているもの。オーストラリア先住民を除いては発達程度は弱い。ネアンデルタール人などの旧人類,原人類アウストラロピテクス類ではこれが強く発達しており,隆起が眼窩の上だけでなく前頭骨下端全体に広がってひさしのように突き出している。ゴリラなどの類人猿でもよく発達しているため,この隆起はサル的な原始的特徴の名残りであるといわれる。成因は,顔面骨を伝わってくる強力な咬合圧を前頭骨下端で受けるための適応であると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

眼窩上隆起【がんかじょうりゅうき】

眉上(びじょう)隆起,眉上弓(きゅう)とも。眼窩の上方にある前頭骨の一部が形成する水平方向の隆起。原始人類や類人猿ではこれがよく発達するのが特徴。強力な咀嚼(そしゃく)器官の圧力を吸収するために発達したと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

眼窩上隆起の関連キーワード典型的ネアンデルタール人ラシャペルオーサン人骨フォンテシュバード人サッコパストーレ頭骨シュタインハイム人オーストラロイドネアンデルタールジブラルタル人骨ピテカントロプスホモ・サピエンステシクタシュ人骨ギャレーヒル人骨サンセゼール人サルダニャ頭骨シナントロプス日本石器時代人タウング頭骨プロコンスルカブウェ人ワジャク人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android