シュトリュンペル(英語表記)Strümpell, Ludwig Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトリュンペル
Strümpell, Ludwig Adolf

[生]1812
[没]1899
ドイツの哲学者,教育学者。 72年ライプチヒ大学教授。ヘルバルト学派に属する。自然必然的精神と自由な精神との対立から生じる病的現象を対象とする教育病理学を提唱。主著"Die Pädagogik der Philosophen Kant,Fichte,Herbert" (1843) ,"Die pädagogische Pathologie oder die Lehre von den Fehlern der Kinder" (90) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

シュトリュンペル

生年月日:1812年6月23日
ドイツの哲学者,教育学者
1899年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android