コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトローフ Ignaz Stroof

1件 の用語解説(シュトローフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュトローフ【Ignaz Stroof】

1838‐1920
ドイツの化学技術者。ケルンに生まれ,ギムナジウムに通う。のちギーセンカールスルーエ両大学で化学と工学を学び,技師としてソーダ工場,硫酸および肥料会社で働く。1871年からグリースハイム化学会社の技師長となる。91年にAG電気化学会社,99年にグリースハイム電気化学会社を設立するなど,1880,90年代のドイツ化学工業興隆期に重要な役割を果たした。隔膜法によるクロルアルカリ(食塩水など)の電解(1884‐88),副産塩素および水素の利用,炭素電極の製法など,電気化学技術に先駆的業績を残し,インジゴ染料工業の発展に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュトローフの関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)天理教

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone