コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュライヒ Schleich, Karl Ludwig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュライヒ
Schleich, Karl Ludwig

[生]1859.7.19. シュテティン
[没]1922.3.7. ベルリン
ドイツの外科医。浸潤麻酔法の創始者。眼科医の子に生れ,チューリヒ,グライフスワルト,ベルリン各大学に学び,1887年卒業後開業した。芸術的天分に富み,詩人,音楽家,画家,哲学者でもあった。局所に希釈コカインを皮下注射する浸潤麻酔法も霊感によって生れたものであることを,『思い出の記』 Besonnte Vergangenheit (1920) に詳述している。アメリカの W.ホールステッドにさきがけて正式に発表したが顧みられず,10年後ブレスラウ大学の J.ミクリッツ教授によって評価された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュライヒの関連キーワードシュミット(Johannes Schmidt)グレーゴル シュトラッサーシュトラッサー兄弟ワイマール共和国オイゲン オットシュタインタールシュトラッサーガーベレンツ言語系統樹説ノイラート言語類型学グレーナー言語波動説シュミット2月19日パーペン4月7日オット

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android