コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュルタ shurṭa

1件 の用語解説(シュルタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュルタ【shurṭa】

初期イスラム時代の警察,警官のこと。シュラタshuraṭa,あるいは複数形でシュラトshuraṭとも呼ばれる。語源は4型動詞ashraṭa〈的確な目的のために,ある事物を他と区別する〉にあり,転じてシュルタとは軍隊のエリート部隊を指すようになり,それが警察を示す用語に転化した。シュルタの起源については,正統カリフ時代,あるいはウマイヤ朝ムアーウィヤ1世時代の両説がある。城を守る衛兵や番兵のハラサḥarasaとは異なり,当時のシュルタはカリフや総督の親衛隊治安部隊として敵対分子や不穏分子の摘発・鎮圧にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュルタの関連情報