コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュルタ shurṭa

1件 の用語解説(シュルタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュルタ【shurṭa】

初期イスラム時代の警察,警官のこと。シュラタshuraṭa,あるいは複数形でシュラトshuraṭとも呼ばれる。語源は4型動詞ashraṭa〈的確な目的のために,ある事物を他と区別する〉にあり,転じてシュルタとは軍隊のエリート部隊を指すようになり,それが警察を示す用語に転化した。シュルタの起源については,正統カリフ時代,あるいはウマイヤ朝ムアーウィヤ1世時代の両説がある。城を守る衛兵や番兵のハラサḥarasaとは異なり,当時のシュルタはカリフや総督の親衛隊治安部隊として敵対分子や不穏分子の摘発・鎮圧にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュルタの関連キーワードジンミームスリムイスラム帝国警官汎イスラム主義邏卒イスラム債券イスラム聖戦機構スラムダンク警官嫌い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュルタの関連情報