摘発(読み)テキハツ

デジタル大辞泉の解説

てき‐はつ【摘発】

[名](スル)悪事などをあばいて世間に発表すること。「巨額の脱税を摘発する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきはつ【摘発】

( 名 ) スル
隠されている悪事などを暴いて、公にすること。 「不正を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てき‐はつ【摘発】

〘名〙 あばきだすこと。かくしている悪事などをあばいて表すること。
※南郭先生文集‐二編(1737)二・贈田俊卿序「擿発誤書、及指他文麁悪、若夜覓一レ虱」
※芽むしり仔撃ち(1958)〈大江健三郎〉四「隠匿された食物の発を行なった」 〔列子‐力命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摘発の関連情報