摘発(読み)てきはつ

精選版 日本国語大辞典「摘発」の解説

てき‐はつ【摘発】

〘名〙 あばきだすこと。かくしている悪事などをあばいて公表すること。
※南郭先生文集‐二編(1737)二・贈田俊卿序「擿発誤書、及指他文麁悪、若夜覓一レ虱」
※芽むしり仔撃ち(1958)〈大江健三郎〉四「隠匿された食物の摘発を行なった」 〔列子‐力命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「摘発」の解説

てき‐はつ【摘発】

[名](スル)悪事などをあばいて世間に発表すること。「巨額の脱税を摘発する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android