摘発(読み)てきはつ

精選版 日本国語大辞典「摘発」の解説

てき‐はつ【摘発】

〘名〙 あばきだすこと。かくしている悪事などをあばいて公表すること。
※南郭先生文集‐二編(1737)二・贈田俊卿序「擿発誤書、及指他文麁悪、若夜覓一レ虱」
※芽むしり仔撃ち(1958)〈大江健三郎〉四「隠匿された食物の発を行なった」 〔列子‐力命〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「摘発」の解説

てき‐はつ【摘発】

[名](スル)悪事などをあばいて世間に発表すること。「巨額の脱税摘発する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「摘発」の解説

【摘発】てきはつ

悪事をあばき出す。〔北斉書、馮翊王潤伝〕の第十四子なり。~長ずるにんで愼方ふ。隱僞を發するに至りては、も其の(かく)す無し。

字通「摘」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android