コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摘発 テキハツ

デジタル大辞泉の解説

てき‐はつ【摘発】

[名](スル)悪事などをあばいて世間に発表すること。「巨額の脱税を摘発する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきはつ【摘発】

( 名 ) スル
隠されている悪事などを暴いて、公にすること。 「不正を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

摘発の関連キーワード資金洗浄(マネーロンダリング)山口組旧五菱会系のヤミ金事件sunglass carTRAFFICジャパン不正大麻・けし撲滅運動チュニジアとアラブの春後藤三右衛門(初代)チラユート・ブンミ社会保険の加入義務ラルス アーリン検察独自捜査事件アンタッチャブルシュピーゲル事件リーニエンシー隠退蔵物資摘発非米活動委員会キリシタン奉行ネタバレサイト馬伝染性貧血期待ギャップ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摘発の関連情報