コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレースウィヒ シュレースウィヒSchleswig

1件 の用語解説(シュレースウィヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュレースウィヒ
Schleswig

ドイツ北部,シュレースウィヒホルシュタイン州の都市。ユラン (ユトラント) 半島基部,シュライ・フィヨルドの湾奥に位置する。9~11世紀にデーン人 (ノルマン人) によって創設され,北海とバルト海を結ぶ交通の要地として繁栄したが,リューベックの繁栄につれて衰微。精糖,皮革加工,醸造,食品加工などが行われる。ホルシュタイン=ゴットルプ家 (16~18世紀) の城跡が博物館として残る。人口2万 6988 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュレースウィヒの関連情報