コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレースウィヒ Schleswig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュレースウィヒ
Schleswig

ドイツ北部,シュレースウィヒホルシュタイン州の都市。ユラン (ユトラント) 半島基部,シュライ・フィヨルドの湾奥に位置する。9~11世紀にデーン人 (ノルマン人) によって創設され,北海とバルト海を結ぶ交通の要地として繁栄したが,リューベックの繁栄につれて衰微。精糖,皮革加工,醸造,食品加工などが行われる。ホルシュタイン=ゴットルプ家 (16~18世紀) の城跡が博物館として残る。人口2万 6988 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュレースウィヒの関連キーワードシュレースウィヒ=ホルシュタイン問題アウグステンブルク公フリードリヒ8世シュレスウィヒホルシュタイン州汎スカンジナビア主義グリュックスブルク城クリスティアン9世クリスティアン8世スカンジナビア主義ホルスタイン[種]ホルシュタイン伯領クリスティアン1世フレデリック1世リューベック条約ブルーメンタールトラーベミュンデフレデリック8世バルデマール1世シュタインメッツフレデリック7世グルントウィー

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android