コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワン細胞 シュワンさいぼうSchwann's cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワン細胞
シュワンさいぼう
Schwann's cell

神経繊維 (軸索) の側面に付着している随伴細胞。この細胞がつながり合って,神経繊維を包む神経鞘をつくっているので,神経鞘をシュワン鞘ともいう。シュワン細胞の細胞膜は神経繊維の周囲に沿って伸び広がり,何重にもこれを包み込んで,同心円状の細胞膜の重なりによる鞘をつくることができる。これが有髄神経の髄鞘あるいはミエリン鞘である。シュワン細胞はその組織学的位置づけにおいて,中枢神経系でのグリア細胞 (膠細胞) と対応させられるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

シュワンさいぼう【シュワン細胞】

末梢神経系のグリア細胞の一つ。神経細胞の軸索をいくつか束ねたり、軸索の周囲に髄鞘を形成する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシュワン細胞の言及

【神経系】より

…髄鞘の実体は神経膠の細胞膜であって,軸索のまわりをなん層にもなって取り巻いていることが多い。この髄鞘を形成する神経膠は,中枢神経系ではオリゴデンドログリアoligodendrogliaと呼ばれる神経膠の一種であり,末梢神経系ではシュワン細胞Schwann’s cell(末梢神経系の神経膠)である。 ニューロンの樹状突起や軸索を細胞体から切り離すと,切り離された部分は必ず変性して消失してしまう。…

※「シュワン細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュワン細胞の関連キーワード組織(生物)末梢神経系神経鞘腫糖尿病神経膠NGF動脈

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android