コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショットキー Walter Schottky

1件 の用語解説(ショットキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ショットキー【Walter Schottky】

1883‐1976
スイス出身でドイツで活躍した物理学者電子放出や整流現象を研究し,高周波増幅を安定に行える遮へい格子四極真空管を発明した。チューリヒに生まれ,ベルリン大学でM.プランクの下で学んだ。ロストク大学の教授をつとめ,ジーメンス社の通信研究所を指導した。金属から真空への電子放出を研究し,鏡像力を考慮したショットキー放出の理論を発表,そして,電子放出の不均一性による真空管の雑音について解明した。また,半導体と金属の接触を研究し,1939年ころにショットキーバリヤー理論や拡散整流理論を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のショットキーの言及

【集積回路】より

…トランジスターでプレーナー技術を開発したフェアチャイルド社は,直ちにICへの応用を開始し,以後両社はIC産業において先導的役割を果たしてきた。
[MOS ICの発達]
 一方,半導体の表面物性に関する研究は長い歴史があり,1939年には,ショットキーW.Schottky(1886‐1976)の表面障壁の理論が出され,今日でもショットキーバリアSchottky barrierとしてLSIに利用されている。また,1935年にはヘイルO.Heilが現在のMOSトランジスター(MOSはmetal oxide semiconductorの略で,金属と半導体の間にケイ素酸化物などの薄い絶縁層をはさんで作ったトランジスター)の基本的特許を出願している。…

【集積回路】より

…トランジスターでプレーナー技術を開発したフェアチャイルド社は,直ちにICへの応用を開始し,以後両社はIC産業において先導的役割を果たしてきた。
[MOS ICの発達]
 一方,半導体の表面物性に関する研究は長い歴史があり,1939年には,ショットキーW.Schottky(1886‐1976)の表面障壁の理論が出され,今日でもショットキーバリアSchottky barrierとしてLSIに利用されている。また,1935年にはヘイルO.Heilが現在のMOSトランジスター(MOSはmetal oxide semiconductorの略で,金属と半導体の間にケイ素酸化物などの薄い絶縁層をはさんで作ったトランジスター)の基本的特許を出願している。…

※「ショットキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ショットキーの関連キーワードアルマン条約電気事業ブルガリア文学歴史小説川本けい子12T(TGP)(希薄燃焼エンジン)キングドームアイヌ語学習塾座散乱木遺跡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショットキーの関連情報