コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーモン城 ショーモンジョウ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ショーモンじょう【ショーモン城】

フランス中部のロワール地方のコミューンショーモンシュルロワール(Chaumont-sur-Loire)にある古城。ブロワ(Blois)駅から17km、トゥール(Tours)からは約44kmの場所にある。16~17世紀に起源をもつ家具やタピスリー、美術品の素晴らしいコレクションを見ることができる。10世紀ごろにブロワ伯のユード1世がアンジュー公の攻撃から守るために、ロワール川左岸の小高い丘の上に建てた要塞がその起源である。その後、15~16世紀にかけて、アンボワーズ家のシャルル1世とシャルル2世が父子2代にわたってルネサンス様式の城に改築した。その後、フランス王アンリ2世の正妃カトリーヌ・ド・メディシスが買い取り、アンリ2世の寵妾ディアーヌ・ド・ポワチエをシュノンソー城から追い出して、この城に住まわせた。また、カトリーヌはこの城に多数の占星術者を滞在させた。その中にノストラダムスがいて、彼がカトリーヌにヴァロワ朝の終焉が近いことを預言したというエピソードは有名である。ただし、ノストラダムスがショーモン城に滞在したことは確認されていない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ショーモン城の関連キーワードディアヌ・ド・ポアチエロアール川

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android