コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーモン城 ショーモンジョウ

2件 の用語解説(ショーモン城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ショーモン‐じょう〔‐ジヤウ〕【ショーモン城】

Château de Chaumont-sur-Loire》⇒ショーモンシュルロアール城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ショーモンじょう【ショーモン城】

フランス中部のロワール地方のコミューンショーモンシュルロワール(Chaumont-sur-Loire)にある古城。ブロワ(Blois)駅から17km、トゥール(Tours)からは約44kmの場所にある。16~17世紀に起源をもつ家具やタピスリー、美術品の素晴らしいコレクションを見ることができる。10世紀ごろにブロワ伯のユード1世がアンジュー公の攻撃から守るために、ロワール川左岸の小高い丘の上に建てた要塞がその起源である。その後、15~16世紀にかけて、アンボワーズ家のシャルル1世シャルル2世が父子2代にわたってルネサンス様式の城に改築した。その後、フランスアンリ2世の正妃カトリーヌ・ド・メディシスが買い取り、アンリ2世の寵妾ディアーヌ・ド・ポワチエをシュノンソー城から追い出して、この城に住まわせた。また、カトリーヌはこの城に多数の占星術者を滞在させた。その中にノストラダムスがいて、彼がカトリーヌにヴァロワ朝の終焉が近いことを預言したというエピソードは有名である。ただし、ノストラダムスがショーモン城に滞在したことは確認されていない。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショーモン城の関連キーワードコミューンリムジンフランスソワールゴロワーズ・ブロンドゴロワーズ・ブロンド・ライトゴロワーズ・レジェールアンブロワーズ・パレコミューン都市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone