コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラサギ(白鷺) シラサギ

2件 の用語解説(シラサギ(白鷺)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シラサギ(白鷺)【シラサギ】

サギ科の鳥のうち全身白色のものの総称。日本にはダイサギチュウサギコサギ,クロサギの白色形がすみ,他に繁殖期以外のアマサギ(繁殖期では頭や胸がオレンジ色)を含めることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シラサギ【シラサギ(白鷺) white egret】

コウノトリ目サギ科の鳥のうち全身白色のものの総称。日本ではダイサギイラスト),チュウサギ(イラスト),コサギ(イラスト),カラシラサギの4種がシラサギであるが,カラシラサギはまれな迷鳥で,シラサギといえばふつう初めの3種を指す。なかでもコサギがいちばん多く,次いでチュウサギが多い。繁殖期のシラサギ類の背の飾羽は非常に優美で,かつては婦人の帽子の飾りなどにするためにたくさんの鳥が殺されたが,現在は各国ともシラサギ類を保護している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シラサギ(白鷺)の関連キーワード黒鷺小鷺白鷺大鷺中鷺白鰺刺白兎篦鷺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone