コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイサギ Ardea alba; great egret

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイサギ
Ardea alba; great egret

ペリカン目サギ科。全長 80~104cm。シラサギの最大種で,と脚が長く,も長い。全身白色で,繁殖期には胸と背に飾り羽を生じる。嘴は秋冬は黄色,春夏は黒色になる。温帯から熱帯に分布し,日本ではおもに本州以南の平地にすみ,水田,湿地,干潟などで魚類やザリガニなどをあさる。ゴイサギコサギチュウサギなどとマツ林やタケ林に集まって混群となり,集団繁殖をする。巣は樹上につくる。飛ぶときにはゆっくりとはばたき,脚は伸ばすが,頸を縮めているのが特徴。「ごぁーごぁー」と大声で鳴く。日本では一年中見られるが,冬季南方に渡るものもある。また秋冬には大陸で繁殖したものが少数渡来するが,これは大型の亜種のダイサギ A. a. alba で,日本で繁殖する亜種はチュウダイサギ A. a. modesta と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダイサギ

サギ科の鳥。翼長35〜45cm,いわゆるシラサギ中最大種。熱帯を中心に世界的に分布し,高緯度地方のものは冬季暖地に渡る。日本では関東以南で繁殖する。他のサギ類に混じって集団営巣し,干潟(ひがた),水田などで魚,エビ,カニなどを捕食する。
→関連項目サギ(鷺)シラサギ(白鷺)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイサギ
だいさぎ / 大鷺
great white egret
[学]Egretta alba

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。シラサギ類のなかではいちばんの大形種。全長約85センチメートル。世界的に分布する。日本には、夏鳥または漂鳥として繁殖する亜種と、冬期に大陸から冬鳥として渡来する亜種とが生息する。前者は後者よりすこし小形で、このためチュウダイサギ中大鷺E. a. modestaとして区別されることがある。また、チュウダイサギの別名をコモモジロ(小腿白)という。しかし、亜種というのは分類学上の概念で、普通はダイサギとチュウダイサギをわざわざ区別する必要はない。日本では、ダイサギは、コサギやチュウサギに比べてずっと数が少ない。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダイサギの関連キーワードスレバルナ自然保護区チュウサギ(中鷺)シラサギ(白鷺)ダイサギ(大鷺)コモモジロこももじろ動物保護大鷺白鷺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイサギの関連情報