コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュウサギ チュウサギ Egretta intermedia; intermediate egret

3件 の用語解説(チュウサギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュウサギ
チュウサギ
Egretta intermedia; intermediate egret

ペリカン目サギ科。全長 56~72cm。シラサギの一種で,ダイサギに似ているがやや小型。全身白色で,夏羽(→羽衣)では胸と背に長い飾り羽がある。眼先は黄色。小魚類やザリガニのほかバッタなどを主食とし,水田や湿地で獲物をあさる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チュウサギ

サギ科の鳥。翼長30cm。ダイサギに似るが,より小さく,眼先の裸出した皮膚は黄色。中国,インド東南アジア,日本,ニューギニアオーストラリアアフリカ等で繁殖。
→関連項目サギ(鷺)シラサギ(白鷺)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュウサギ
ちゅうさぎ / 中鷺
intermediate egret
[学]Egretta intermedia

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。日本に普通に生息する3種のシラサギ類の1種。ダイサギとコサギの中間の大きさから、チュウサギの名がある。全長約68センチメートル。旧世界の温帯以南に広く分布する。日本には夏鳥として渡来し、コサギやゴイサギといっしょの集団をつくって繁殖。冬期はフィリピンマレー諸島に渡るが、南日本で越冬するものもある。近縁種のコサギとは、足指が黒く後頭に冠羽のないこと、ダイサギとは体が著しく小さくみえることで区別される。ただし冬期にはコサギも冠羽がない。チュウサギの背の飾り羽は、シラサギ類のなかでもいちばんりっぱにみえるため、高価で売買されたが、現在は羽毛採集のための捕獲は禁止されている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チュウサギの関連キーワード鰹鳥中鷺樏兎跳兎灰色ペリカンペリカン果実MIXペリカンクリーミィソープペリカンムテンカペリカーノペリカン目

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チュウサギの関連情報