コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマサギ アマサギ Bubulcus ibis; cattle egret

3件 の用語解説(アマサギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマサギ
アマサギ
Bubulcus ibis; cattle egret

ペリカン目サギ科。全長 45~56cm。夏羽(→羽衣)は冠羽(→羽冠)と頭部から頸部,背面が橙黄色で,ほかの部分は白い。冬羽は冠羽を欠き,全体が白色。は黄色。水田,湿原,草地などで主食の昆虫類のほか,クモやカエルミミズなどを採食し,ほかのサギ類に混じって集団で営巣する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アマサギ

サギ科の鳥。翼長25cm。繁殖時には他のシラサギと異なり,頭,首,飾り羽がオレンジ色。全世界の温帯から熱帯に広く分布,日本では夏鳥として本州以南で繁殖し,九州や南西諸島では越冬するものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマサギ
あまさぎ / 黄毛鷺
cattle egret
[学]Bubulcus ibis

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。コサギに似た白色のサギであるが、繁殖期には頭頸(とうけい)部、上胸、背などの羽毛はキツネ色を帯びる。ショウジョウサギともいう。全長約52センチメートル。元来は旧世界の熱帯地方の鳥であるが、近年分布域を世界的に広げ、ヨーロッパや南北アメリカにも分布するようになった。日本には夏鳥として渡来し、本州、四国、九州で繁殖する。水田、放牧地、農耕地などにすみ、とくに熱帯地方ではウシやスイギュウの周りに群がり、しばしばウシの背の上に止まっているのがみられる。食物は主として昆虫類。竹やぶなどに集まって集団繁殖する。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマサギの関連キーワード鰹鳥中鷺穴兎樏兎灰色ペリカンペリカン果実MIXペリカンクリーミィソープペリカンムテンカペリカーノペリカン目

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アマサギの関連情報