シリア難民(2015年)(読み)しりあなんみん(にせんじゅうごねん)

知恵蔵の解説

シリア難民(2015年)

2011年の内戦勃発から14年の過激派組織「イスラム国」(IS)台頭によって急増しているシリア難民。当初はトルコ、ヨルダン、レバノンなど周辺諸国への避難民が大半だったが、14年以降は「バルカンルート」(トルコ~東欧経由)や「地中海ルート」を通って西欧を目指す難民が増えている。15年4月以降は密航船の遭難事故も急増しており、8月にはバルカンルートを通る保冷車の荷台からシリア難民71人の遺体が発見された。更に9月初め、トルコの浜辺に打ち上げられた3歳男児(アイラン・クルディ)の遺体写真が報道されると、世界中で難民対策を巡る議論がわき起こった。
シリア難民が急増したのは、「アラブの春」の余波が再加熱した12年中頃から。アサド独裁政権打倒の動きが高まり、アサド軍と反政府軍(自由シリア軍ほか)の戦闘が始まると、激戦地となった第2の都市アレッポなどから周辺地域へ避難する人が増えた。更に14年6月に過激派組織「イスラム国」(IS)が国家樹立を宣言し、北中部を支配下に入れると、米軍を中心とした有志連合が空爆を開始。北部ではクルド人と「イスラム国」の戦闘が激化し、戦闘地域はシリア全土へと拡大していった。内戦終結の兆しが見えない中、15年9月には、アサド政権を支持するロシアが「イスラム国」や反政府軍の拠点への空爆を始めている。
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の推計(15年9月末)によると、シリアの人口約2240万人のうち、400万人以上が国外に脱出し、このうち50万人余りがヨーロッパに流入したとみられる。また、国内の避難民も760万人と推測されている。今後の対応について欧州諸国は一致しておらず、ドイツ、フランスなど人道的見地から受け入れを表明する国がある一方、ハンガリー、スロバキアなど財政不足や宗教の相違を理由に反対する国も多い。(2015年10月末時点)

(大迫秀樹 フリー編集者/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android