コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸管出血性大腸菌感染症

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

腸管出血性大腸菌感染症

生肉や野菜などの食品や水を介して感染。潜伏期間は3〜5日間ほどで、発症すると、激しい腹痛や下裏嘔吐(おうと)、高熱などを引き起こす。家族内発症や二次感染も多く、特に、体力のない乳幼児高齢者には注意が必要。代表的なものはO157で、ほかにO26、O111などがある。

(2007-11-06 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

腸管出血性大腸菌感染症の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律感染症予防医療法新興・再興感染症学校感染症腸管感染症O学校伝染病新興感染症指定伝染病ジビエ生肉

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腸管出血性大腸菌感染症の関連情報