コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸管出血性大腸菌感染症

1件 の用語解説(腸管出血性大腸菌感染症の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

腸管出血性大腸菌感染症

生肉や野菜などの食品や水を介して感染。潜伏期間は3〜5日間ほどで、発症すると、激しい腹痛や下裏嘔吐(おうと)、高熱などを引き起こす。家族内発症や二次感染も多く、特に、体力のない乳幼児や高齢者には注意が必要。代表的なものはO157で、ほかにO26、O111などがある。

(2007-11-06 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腸管出血性大腸菌感染症の関連キーワード母子感染サモサ塩揉み生鮮生肉包子酒浸てブラウンシチュー終末感染春巻き

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腸管出血性大腸菌感染症の関連情報