コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腸管出血性大腸菌感染症

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

腸管出血性大腸菌感染症

生肉や野菜などの食品や水を介して感染。潜伏期間は3〜5日間ほどで、発症すると、激しい腹痛や下裏嘔吐(おうと)、高熱などを引き起こす。家族内発症や二次感染も多く、特に、体力のない乳幼児高齢者には注意が必要。代表的なものはO157で、ほかにO26、O111などがある。

(2007-11-06 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

腸管出血性大腸菌感染症の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律感染症予防医療法新興・再興感染症学校伝染病学校感染症O腸管感染症指定伝染病新興感染症ジビエ生肉

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腸管出血性大腸菌感染症の関連情報