コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリア難民

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シリア難民

2011年3月以降に起きた内戦により、22万人以上が死亡。国連難民高等弁務官事務所によると、人口2200万のうち400万人以上が国外で避難生活を送る。欧米では数千・数万単位の受け入れが議論されている。日本では11~14年に難民申請した63人のシリア人のうち、難民と認定されたのは3人のみ。

(2015-10-14 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵miniの解説

シリア難民

中東諸国で起こった民主化要求運動(アラブの春)以降、内戦が続くシリアから国外に逃れた人々。トルコレバノンなど周辺国を経てドイツ、オーストリアなどの欧州諸国へと向かうシリア難民の急増に伴い、欧州各国では社会混乱が生じ、密航船の海難事故も頻発している。2015年、欧州連合(EU)は域内で受け入れる難民の数を大幅に増やすことを各国に提案する方針を固めたが、否定的な姿勢を示す国もあり、協議の難航が予想されている。これを受け、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は日本を含む欧州以外の各国に対しても難民の受け入れを要請している。

(2015-9-8)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

シリア難民の関連キーワードシリア難民(2015年)市民の伊勢志摩サミットEUの難民問題

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シリア難民の関連情報