コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリンダ しりんだ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シリンダ

複数の磁気ディスクの同一位置にあるトラックの集まりのこと。同じシリンダのデータには、磁気ヘッドを動かすことなくアクセスできる。シリンダは物理的な実体はなく、概念上のものである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリンダ
cylinder

円筒形の容器として用いられる部品。特に内燃機関のピストンが往復運動を行う部分をさして呼ばれる場合が多く,この場合は気筒ともいう。出力の向上と静かな運転のためにシリンダ壁の材質を適切にし,摩耗した際に容易に取替えられるようライナを用いるものもある。またシリンダの一端には気体の吸入,排出のための通路や弁を取付けるために構造が複雑となるので,普通円筒部分とは別個につくられる。これをシリンダヘッドと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シリンダの関連キーワードスキッシュ効果(機械)パーティションテーブルニューコメンの蒸気機関スターリングエンジンロータリーエンジン日本ピストンリングディーゼルサイクルターボチャージャ直接編成ファイル北九州市立美術館油回転真空ポンプパパンの蒸気機関ワットの蒸気機関往復式真空ポンプ4サイクル機関燃料噴射ポンプダッシュポットFDISK形式空冷式内燃機関ディーゼル機関

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シリンダの関連情報