コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルウァヌス

2件 の用語解説(シルウァヌスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シルウァヌス

古代ローマの荒野と森の神。ラテン語シルウァ(森)の形容詞形。ファウヌスギリシア神話パンサテュロスと同一視される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シルウァヌス【Silvanus】

古代ローマの森と原野の神。その名は森を意味するラテン語シルウァsilvaの形容詞にすぎず,神格としては漠然とした存在であったらしい。のちにギリシアパンサテュロスなどの山野の神と同一視された。またローマ人自身の牧人と家畜の神ファウヌスとの区別も明瞭ではない。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone