コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルダの人びと シルダのひとびとDie Schildbürger

世界大百科事典 第2版の解説

シルダのひとびと【シルダの人びと Die Schildbürger】

ドイツのこっけい物語集。1598年刊。作者不詳。いわゆる民衆本の一つで,翻訳物ではなくドイツ本来の創作物である。前年に出た《ラーレブーフDas Lalebuch》を焼き直し,舞台をシルダSchilda(架空の町)に移し,この町の人びとの愚行と茶番を集めたもの。三角形の市庁舎を建てたが窓を作り忘れたり,塩を畑にまいて収穫しようとしたり,市庁舎の鐘を海底に隠したが再び拾い上げられなかった等の話から,のち〈シルダの人びと〉は愚昧な人の代名詞となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シルダの人びとの関連キーワードチャップマン太閤検地フェリペマルティンスフェリペ朝鮮文学ボリス・ゴドゥノフ安土桃山時代春日山藩醍醐寺