コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルダの人びと シルダのひとびと Die Schildbürger

1件 の用語解説(シルダの人びとの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シルダのひとびと【シルダの人びと Die Schildbürger】

ドイツのこっけい物語集。1598年刊。作者不詳。いわゆる民衆本の一つで,翻訳物ではなくドイツ本来の創作物である。前年に出た《ラーレブーフDas Lalebuch》を焼き直し,舞台をシルダSchilda(架空の町)に移し,この町の人びとの愚行と茶番を集めたもの。三角形の市庁舎を建てたが窓を作り忘れたり,塩を畑にまいて収穫しようとしたり,市庁舎の鐘を海底に隠したが再び拾い上げられなかった等の話から,のち〈シルダの人びと〉は愚昧な人の代名詞となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シルダの人びとの関連キーワード西ドイツ酷刑滑稽和合人戯れ歌茶利国警ゴノコッケン統一ドイツドイツの小さな町コッケイド片麻岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone