コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民衆本 みんしゅうぼんVolksbücher

世界大百科事典 第2版の解説

みんしゅうぼん【民衆本 Volksbücher】

宗教改革と人文主義の時代である15~16世紀のドイツ文学史上の一ジャンルで,内外の古い伝説や物語を民衆向きに改訂したり新たに書き下ろされた,散文の娯楽小説である。名称は後世のロマン派のゲレスの著書(《Die teutschen Volksbücher》1807)に由来する。民衆本とはいっても作者不詳を除き,著者,改訂者,翻訳者は民衆でなく高名な人々であった。彼らは必ずしも民衆のための本とは考えなかったようだが,おりからの印刷術の発明による大量生産のため,16世紀後半には文字どおり民衆のための本となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民衆本
みんしゅうぼん
Volksbuch

15、16世紀のドイツで、書籍印刷の普及に伴って、民衆の間に広く流行した娯楽読物。フランスの騎士物語や英雄伝説の散文訳が主流を占めたが、のちドイツ固有の素材も扱われた。とくに同時代人を主人公とした作者未詳の『ヨハン・ファウスト博士の物語』(1587)はゲーテをはじめ後代の作家の創作欲を刺激した。また遍歴職人の機知に富んだいたずらで有名な『ティル・オイレンシュピーゲル』(1510~11、ヘルマン・ボーテ作?)は社会風刺の書としても注目される。[橋本郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

民衆本の関連キーワードティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずらティルオイレンシュピーゲルミュンヒハウゼン物語メフィストフェレスシルダのひとびとシルダの人びとブラジル文学ビュルガーゲノベーバ望月 桂民本主義ブルンクハックス

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android