コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロクジャク(白孔雀) シロクジャクAster sp.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロクジャク(白孔雀)
シロクジャク
Aster sp.

キク科アスター (シオン) 属の1種で,来歴は不明。学名にも諸説がある。一般にクジャクソウクジャクアスターの呼称で流通する。草丈 60~150cmの多年草で,株立ちになる。葉は披針形または線形で,上部にいくほど小さくなる。よく分枝し,直径 1.5cmほどの頭状花を茎頂につける。中心の筒状花は黄色で,花弁状の舌状花は白いが,交雑によって桃色や淡紫紅色の品種も作出されている。枝いっぱいに無数の花をつけた様子はカスミソウにも似て,切り花として利用価値が高い。本来の開花期は9~10月であるが,切り花用に周年栽培されている。日当りさえよければ土質も選ばず,非常にじょうぶ。1度植えると毎年開花する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android