コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロハツタケ(白初茸) シロハツタケRussula delica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロハツタケ(白初茸)
シロハツタケ
Russula delica

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。夏秋の頃,広葉樹林下に生じる。傘は径5~9cm,丸山形で開ききると中央が落ちて漏斗形となる。表面は白色,老時褐色の斑点をつける。茎は高さ2~5cm,太さ 1.5~3cmで白色または褐色。胞子紋は純白。辛みがなく食べられる。北海道,本州,九州に産し,北アメリカヨーロッパ,中国,小アジアにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android