コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シントウトガリネズミ しんとうとがりねずみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シントウトガリネズミ
しんとうとがりねずみ / 神道尖鼠
shinto shrew
[学]Sorex caecutiens shinto

哺乳(ほにゅう)綱食虫目トガリネズミ科の動物。ラクスマントガリネズミの本州産の1亜種で、頭胴長約6.5センチメートル。これを独立種S. shintoとする説もある。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシントウトガリネズミの言及

【トガリネズミ(尖鼠)】より

…日本では,北海道に多く,本州,四国では高い山に限られ,九州には分布しない。 日本の代表種シントウトガリネズミSorex shinto(イラスト)は,北海道,本州,四国に分布し,体長6.5cm,尾長4.8cm,体重6g前後。北海道では平地にもすむが,本州,四国ではふつう標高1800m以上の亜高山帯と高山帯にすむ。…

※「シントウトガリネズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android